ショートステイお部屋の空き状況 *2カ月分表示
トップページ
法人案内
事業内容
施設紹介
レクリエーション
求人情報
決算事業報告

六日町あいあい 居宅介護支援事業所のご案内


内   容 自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成します。そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関の連絡・調整を行います。
居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行います。
電   話 023-634-6018
問合せ時間 月曜日〜金曜日 9:00〜18:00
休   日 土・日・祝日

介護保険サービスを利用するために(申請から利用開始まで)

申請する
申請イメージ

介護保険サービスを利用するために、本人または家族が、市町村の担当窓口へ出向き、「要介護認定」の申請を行います。どうしても申請に行くことが出来ない場合は、下記へ申請代行を依頼します。
 ○成年後見人
 ○地域包括支援センター
 ○省令で定められた指定居宅介護支援事業者や介護保険施設 など

<申請に必要なもの> 要介護・要支援認定申請書、 介護保険被保険者証、 健康保険被保険者証(第2号被保険者の場合)

矢印
要介護認定の聞き取り調査
聞き取り調査イメージ

1.認定調査/意思の意見書
市町村の職員が自宅訪問し、心身の状況について本人や家族に聞き取りを実施。
調査内容は、全国共通の調査票に基づいた基本調査、概況調査などです。
また、主治医より心身の状況について意見書を作成してもらいます。主治医がいない場合は、市町村が指定した医師が診断します。

2.審査・判定
上記書類をもとに、保険、医療、福祉の専門家による「介護認定審査会」で審査されます。

矢印
要介護認定の通知受取

原則として申請から30日以内に、「認定結果通知書」が到着します。
介護保険被保険者証、介護保険負担割合証の内容を確認します。

◯認定結果が要支援1・2の場合 ⇒地域包括支援センターへ
◯認定結果が要介護1〜5の場合 ⇒ケアマネージャーと契約

ケアプランを作成

1.ケアマネージャーと契約する
ケアマネージャーは、介護保険サービスを利用する上での、窓口・調整役です。

2.ケアプランを作成する
ケアマネージャーが利用者の状況を聞き取ってケアプランの原案を作成し、
関係者と調整した上で決定します。

3.サービス事業者と契約する
利用するサービスごとに、提供事業者との契約を結びます。

矢印
サービス利用開始
ページのトップへ戻る